がん患者のための高濃度ビタミンC療法

わたくすぃの身近な人々の中にになった方々が、何人もいます。
癌って言ったら、治らない病気だと思ったりしますが、早期発見、早期治療では良くなることが殆どだそうです。
そう聞かせれると幾分かは気が楽にはなりますが、癌にはなりたくないものです。
癌の治療と言うと、20年くらい前、テレビで見た特集を思い出します。

悩み

末期がんで手の施しようがないと告げられた、40歳代の男性が、何とか治したいと、東北の湯治場へ入って温泉の熱と地熱によって治療して行くというやり方をそのテレビでやってました。
神や仏やご先祖にもスガル思いで、必死に療養してました。
その結果、すっかりがん細胞がなくなったというのです。



その驚きが今でも忘れられないですね。
わたくすぃ、小さいながらに見たテレビ番組だったので、それが何処の湯治場だったのか、覚えてません。
残念です。調べてみようと思います。

夕日


今回、「がん患者のための高濃度ビタミンC療法」があると言うことを知りました。
ごく最近に日本に登場した療法だそうです。
「木村専太郎クリニック」と言うところが、平成20年1月から、(癌)がん患者に高濃度ビタミンC療法
を施行し、よい結果を得ているようです。
一年前に始めたということになりますね。

末期の癌を宣告された方々には、療養が次々に開発されることは有難いことです。
がん患者は、藁をも掴む思いで、民間の色々の抗がん治療
に希望をつないでいます。
がん患者だけではなく、その家族や知人、親戚の人たちに取っても有難い話しです。
癌になったらホント、家族総出になって全力を尽くして、治療の手伝いをします。
癌は人生を大きく変えてしまうものです。
とにかく、健康診断は年に1回は受けて早期発見早期治療に努めるべきだと思います。


四季


ところで、高濃度ビタミンCの抗がん作用のメカニズムとはどんなものでしょう。
わたくすぃは、癌の専門家じゃないので、そこのところは、専門のサイトへ入って見てください。

一部抜粋して見ますと・・・

ビタミンCが(癌)がん細胞を殺す作用は解明されています。 高濃度ビタミンCが細胞に入ると過酸化水素(H202・別名オキシフル)が発生します。 正常の細胞には過酸化水素には「G6PD」という過酸化水素を中和する酵素があるために、無害です。
しかしがん細胞には、この「G6PD」酵素がないために高濃度ビタミンCの細胞内進入のために細胞は死滅します。 従って一般に副作用はない安全な治療法ですと報告されています。

と書いてあります。
「がん患者のための高濃度ビタミンC療法
大いに期待したいと思います。


参考―ほくろ除去がん治療のご相談は木村専太郎クリニック

関連記事


Pagetop

コメントの投稿

Secre

気になるDVD

最新記事
AKB48 グループ 公演動画
スマートフォン


価格.com 常連ストア











デジタル家電・液晶テレビ・パソコンの激安通販ならA-PRICE!




DMM.com

タワーレコード
ONKYO DIRECT
Panasonic
OLYMPUS