選べる15のカラ―バリエーションからあなたのVitzを見つけよう!

選べる15のカラ―バリエーションからあなたのVitzを見つけよう!

ってことで、ヴィッツがマイナーチェンジしたのです!

さっそく、ヴィッツのサイトへ行ってみました。
若い女性が出てきます。
しかし、私が思ったことは、若い女性にだけに運転して貰うだけじゃ勿体ないってコト。
ヴィッツは運転の苦手に人にも、比較的運転しやすい車だと思う。
男性だって、堂々と乗りたいいい車なのである!

さて、先日、知人が今度ヴィッツを買おうと思っていて、レンタカーにヴィッツを借りて、やって来ました。

乗せてもらいました。
文句の一つや二つ言おうと思ったんですが、文句がありません。
さすが、世界戦略カーのヴィッツだと感心しました。

ただ、センターメーターが見慣れていないためか、見にくかったです。
慣れれば大丈夫だと思いますが(*^_^*)



ヴィッツに乗って思ったこと。
それはずばり、コンパクトでありながら、静かな車内であること。


話は変わり・・・

ドライブの思い出・・・

いい思い出って無いなあ(T_T)/~~~

いいえ、ありました。
乗鞍スカイラインに行ったことです。
もう10数年前になります。
当時はまだまだ自家用車でも通れる時代でしたから、
カーブをキュルキュルいわせながら走った記憶があります。
こんな走り方をするから環境問題とかで、自家用車禁止になるんですね。
反省m(__)m

乗鞍へ行ったのは、6月。
一番日が長いときです。
頂上の駐車場についたときは、もう日が暮れかけてました。
時間ももう無いから、車から出て、展望台のようなところへ急いで移行としたんだけど、空気が薄くて、頭がクラクラしたことを今でもはっきり覚えてます。

車の台数も3,4台しか停まっていなかったから、凄く幻想的でした。
今思えばいい経験だったのかなあって思います。
そのときは、頭がクラクラしてそんなことは思わなかったけど・・・



帰りは違う道を通って帰ったんだけど、狭い道だったから、もうのんびりと車を運転してもらって帰りました。
「この道であってるのか?」
とか言いながら・・・

少しずつ道が開けてきて、別荘などが見え始めてきました。
ホッとしましたよ。

しばらく車を走らせると、温泉がありました。
その温泉に入るか入らないかで、凄くもめて、結局はいることになりました。

温泉のお湯の色が白っぽくて木でできたお風呂で、不思議な感じがしました。
あとで、調べたら、
乗鞍高原温泉でした。
今は、ぜひもう一度行きたい温泉の中の一つです。

さて、話しは戻りまして、ヴィッツのことをもう少ししますと、その10数年前に乗っていた車もいい車で、未だに現役です。

それが、冒頭に書いた知人の車で、その知人ヴィッツはいい車だから、乗り換えたいと言っているんです。
それほど、いい車なんだと実感できる車です。




「プレスブログからのリリース情報です」
関連記事

テーマ : 情報商材レビュー
ジャンル : アフィリエイト



Pagetop

コメントの投稿

Secre

気になるDVD

最新記事
AKB48 グループ 公演動画
スマートフォン


価格.com 常連ストア











デジタル家電・液晶テレビ・パソコンの激安通販ならA-PRICE!




DMM.com

タワーレコード
ONKYO DIRECT
Panasonic
OLYMPUS